映画『最強のふたり』あらすじ、作品情報

あらすじ

パリに住む富豪のフィリップは、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすことができない。
フィリップと秘書のマガリーは、住み込みの新しい介護人を雇う
候補者の面接をパリの邸宅でおこない、そこにドリスが来る。
ドリスは給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけ
フィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇う
試用期間として1ヶ月間フィリップの介護人として働くことになったドリス
ドリス、フィリップは自身を病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれる彼と次第に親しくなっていく。
ある晩2人で外食をしながら彼の体の障害や亡くなった妻の話を聞く。
数日後、フィリップが文通相手の女性に出す手紙をマガリーに代筆してもらっていた所、部屋に入ってきたドリスに「相手の女性とはお互いに顔も声も知らない」と伝える。
まどろっこしく感じたドリスは文通相手の電話番号を見つけて勝手に電話してしまい、仕方なく電話に出たフィリップは相手の女性と後日外で会う約束をする。
数日後、文通相手と会うために助手と2人で待ち合わせ場所に向かうフィリップだったが、自身の障害を知られるのが怖くてドタキャンしてしまう。
フィリップに電話で呼び出されたドリスはそのまま2人で飛行機で旅行に出かけ、プロの手を借りてパラグライダーでしばしの時間大空を舞う。
フィリップの邸宅に戻ったフィリップとドリスだったが、そこに問題を抱えたドリスの弟がやって来て兄に助けを求める。
ドリスから実家で暮らす家族の話を聞いたフィリップは、彼を実家に帰す時が来たと感じ親友のような存在となった彼との別れを決意する。

映画『最強のふたり』予告編

登場人物

フィリップ
演 – フランソワ・クリュゼ
ドリス
演 – オマール・シー
イヴォンヌ
演 – アンヌ・ル・ニ
マガリー
演 – オドレイ・フルーロ
マルセル
演 – クロティルド・モレ
エリザ
演 – アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ。
バスティアン
演 – トマ・ソリヴェレ
アルベール
演 – クリスティアン・アメリ
アントニー
演 – グレゴリー・オースターマン
ミナ
演 – アブサ・ダイヤトーン・トゥーレ
アダマ
演 – シリル・マンディ
エレノア
演 – ドロテ・ブリエール・メリット
アリス

作品情報

タイトル:最強のふたり
原題:INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE
製作年度:2011年
上映時間:113分
製作国:フランス
ジャンル:コメディ
ドラマ
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ

参考サイト

最強のふたり – Wikipedia

最強のふたり – 作品 – Yahoo!映画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする